アフィンガー5(WING)

アフィンガー5「この記事を書いた人」カスタマイズ

投稿日:2018年11月13日 更新日:

当ブログはWordPressテーマ「AFFINGER5」を使用しています

「AFFINGER5」に「この記事を書いた人」をサイドバーに簡単に表示させる機能があります

つまり、簡単に「プロフィール」を載せることができます♪

標準プロフィール

 

簡単!でも。。

改行したり画像載せたり少しカスタマイズしたいなあ

アルパカ
フクロウ
phpファイルにHTML追加したらできるほー

子テーマでphpファイルを触らないと、アップデートしたときにカスタマイズがなくなってしまいます

親テーマにあるphpファイルを子テーマにアップロードする必要があります

 

Sponsored Link

プロフィールをカスタマイズしてみよう

こんな流れです

サイドバーに既にウィジェットで「こに記事を書いた人」が表示されている前提で

① FFFTPでphpファイルを子テーマにアップロード

② 表示したい画像があればメディアアップロード

③ テーマ編集でphpファイルに文字や画像追加

 

FFFTPでphpファイルをアップロード

FFFTPのダウンロード、接続設定は別記事で解説しております

FFFTP
FFFTPのDLから接続設定まで詳しく画像解説

「FFFTP」はワードプレスのバックアップやphpファイルを子テーマにアップロードするのに便利な無料ツールです ダウンロードから接続までやってみましょう!

続きを見る

 

FFFTPで接続したら、左側があなたのパソコン右側がレンタルサーバーが表示されます

左側でパソコン上のAFFINGER5親テーマを開きます

右側でレンタルサーバー上のAFFINGER5子テーマを開きます

今回HTMLを追加するのは「st-author-master.php」ファイルです

左(親テーマ)から右(子テーマ)にドラック&ドロップします

ffftpでphpアップロード

 

テーマ編集でphpファイルにHTMLを追加

FFFTPでアップロードした「st-author-master.php」ファイルを開きます

外観>テーマの編集>AFFINGER子テーマの中にアップロードされています

子テーマの中身

 

クリックすると左側の編集画面で「st-author-master.php」ファイルが開きます

<p class="st-author-sns">の記述を探してください

その直上にHTMLソースを記入します

phpファイルの中身

 

画像を挿入したい場合は、メディアでアップロードし、右側に表示される画像URLをコピーしておきます

画像url

 

少し小さい文字で薄めの色の文章と、画像を入れてみます

<p><font size="2" color="#9E9E9E">無料ブログのテンプレートを紹介してた時代の実績</font></p>
<p><img border="0" src="https://■画像URL■" alt="過去の実績"></p>

<p class="st-author-sns">直上にHTMLソースを記入します

「ファイルの更新」をクリック!

ドキドキ
アルパカ

プロフィールカスタマイズ後

無事カスタマイズできました♪

 

まとめ

phpファイルは一歩間違うと画面が真っ白になったりします

慎重に作業することと、必ず子テーマを触るようにしましょう

ぜひ魅力的なプロフィールにしてみてください♪

crown

イチオシ「ムームードメイン」

もっと詳しく公式サイトへ

crown

イチオシ「エックスサーバー」

                               ↑ ↑ ↑

「記事へ」「公式サイトへ」ボタンはそれぞれクリックできます♪

エックスサーバーの記事はこちらをクリック エックスサーバー公式サイトはこちらをクリック

Sponsored Link
Sponsored Link

-アフィンガー5(WING)
-, ,

Copyright© あふぃたす , 2020 All Rights Reserved.